生ゴミ+ミミズ=良質な肥料…??「ミミズコンポスト」

最近、気になってるのがミミズコンポスト

まだ新築我が家のプランター計画がまとまってない間に、新しい情報が。

それが「ミミズコンポスト」 ベランダのプランターに組み入れたい。

ちょうど家の引き渡し直前になって気づいた。 バルコニーの奥は屋根に遮られて日当たりが悪いということ。 そして植物にとって光がとても重要ということを。 なのでバルコニー計画を立て直しているところだった。

ミミズは高温に弱いから軒下とか日陰で飼うのがいいらしい。 紅茶(旦那)は嫌がるんだろうなぁ。こっそりやるか。ばれるか。

生ゴミや植物の残渣を肥料に変えてくれるらしい

ミミズが1日に食べる食事の量は自分の体重の半分くらいらしい。 繁殖力は強いんだけど、住んでるところの食事の量に合わせて個体数を調整してくれるんだって。

いろんなものを入れた方がいいんだって。お菓子とか、野菜くずとか。 糖分は良さそうだなぁ。 卵の殻を砕いたのも好きらしい。 砂みたくジャリジャリするのがいいんだって。それはやってみたいなぁ。 生ゴミって言っても刺激物、ネギ類と柑橘と塩分と油はNGらしい。

生ごみはやっぱり臭うから、乾燥させてからあげてるって人もいた。 でも、かなり加湿なところがいいらしいから、生ごみに水分があった方が逆にいい気もする。 どうなんだろう。 湿らせた新聞をあげたり、ジョウロで水をあげたりとかするみたいだけどね。

育てた植物の残渣を腐葉土にするために集めておく場所を作りたいと思ってたんだけど、コンポストの中に入れればいいんだね。 腐植土にするために土の中に1年くらい入れておこうと思ってたんだけど、ミミーズに分解してもらえばすぐ肥料として使える状態になるらしい。

「森林の香り」がするらしい

ミミズコンポストは臭いが出ないらしい。 その理由は2つほど見受けられる。 1つ目は生ゴミの異臭は菌の繁殖によるものらしい。菌は水分があるのと酸素がない状況で繁殖しやすいらしく、酸素のある状態では臭いが発生しにくくなるから。 2つ目はミミズが生ゴミを糞にすると、団粒構造になり多孔になって炭と同じくらいの吸着能力が備わるから。 「森林の匂い」がするので臭くないらしい。

選べるミミズコンポストの方式

ミミズ堆肥を作る、採るための住処の作り方を調べると以下の方式があるらしい。 フロースルー式・垂直移動式・水平移動式 それと、植木鉢の中に植木鉢でミミズハウスを作ってあげる方法。

これらはミミズ堆肥から避難させて堆肥を採るようにできる仕組みである。 ミミズをプランターに入れると土をドロドロにして植物が枯れることがあるらしい。

食べ物があるところに移動する性質を使って上下左右に移動させてから収穫するというわけだ。 フロースルー式は、容器の底をミミズ堆肥が自然には落ちないけど掻き出せば落ちる程度の間隔で紐を張る方法である。 上から餌を入れてあげることによってミミズは上に移動する+下のミミズ堆肥層は上に比べて乾燥するので、乾燥が嫌いなミミズは上に移動するということらしい。

植木鉢の方法では、ミミズが地表に糞をする性質を使うらしい。

ブログなどを見てると、畑などではフロースルー式・バルコニーでは植木鉢式を採用している人が多いように思える。

にゃあはバルコニーに設置するプランターに組み込ませたいので、ミミズが脱走したり落下するのは怖いので、フロースルー式は却下。

液肥もなんかすごいらしい。 10倍に薄めて使うんだって。

ミミコンのススメ-ミミコン-ミミズコンポスト管理局HP-東京農工大学

はじめに | はじめようミミズコンポスト

ミミズコンポスト:手づくり企画「ジャーニー・トゥ・フォーエバー」

ミミズコンポストのミミズ堆肥を収穫 | *☆*ハーブ栽培&香りを楽しむ生活☆ミミズでエコライフ*☆*☆*

http://kankyo-saisei.net/wp/wp-content/uploads/2018/11/ミミズコンポストNPO-small.pdf

鉢の中のミミズは要注意 : 蝴蝶の夢

液肥も活用したい! ミミズコンポスト | プランター自然栽培はじめました

みみず何でもQ&A | はじめようミミズコンポスト

シマミミズ基礎知識 - 農業経営研究所

イチゴ2020 収穫編

去年の10月に初めてイチゴ苗を買いました。 2020年は初の収穫。いっぱい知らないことがあった。

  • 8株で一人いちご狩りは実現ならず。
  • アマゾンで買った培養土はイマイチ。
  • 虫は健康じゃない植物や土に湧く。
  • 収穫のタイミングが難しい。
  • 買った苗より次世代の方が優秀…?
  • 次回の改良作戦
続きを読む

これが最高の肥料!「光」について

どんな肥料がいいのかな...って考えてた頃もあったんだけど、 植物を育ててみて思うことは「日光は植物にとって最高の肥料なんだなぁ」ってこと。

何かのブログで読んだ言葉だけど、今はそう言いたくなる気持ちがわかる。

水はけが悪い土地をを頑張って何年も改良してたけどあきらめて、元々水はけのいい土地で育てたらすんなりうまくいった。 という話を連想させるんだけど、日当たりのいいところで育てるのがいいと思う。

日当たりが悪いところで育ててる植物にいい肥料を与えても、光合成で作る栄養を補うことはできない気がする。 人工的に与えるものには限界もあるのかなと思う。

今はアパートのベランダで育ててて半日陰よりちょっといいくらい?朝日が入らない環境でイチゴを育ててみたけどイマイチ生育が良くないように感じる。 液肥はあげてるんだけどね。

今は日光の紫外線に近いようなLEDライトが売っているから、もしも日当たりが悪い環境で植物を育てようと思うなら設置するのがいいと思う。

ネットでサツマイモの苗を買ってみた。1(注文編)

初めてのサツマイモ栽培。 新しいお家のMy畑で初めて育てる野菜!

にゃあの畑の土は(お金かけたくないから)買ってきた土や肥料に入れ替えるってことはせずに、いろいろな作物を育てていく過程で、土も育てていくイメージで作っていきたい。

まだ地力が無いだろうから、運動場でも戦後の痩せた土でも育つイメージのサツマイモから始めることにした。

それで、野菜の味は6割が品種で決まるって話もあるし、売ってない美味しい野菜を育てたいってにゃあの思いもあるから品種を調べて、苗が買えるウェブサイトを探した。

続きを読む

憧れの!山田農園へ行ってみた

2020年04月19日(日) 引っ越してきてからずっと気になってた、 近所にある「山田農園」というおしゃれな直売所(一軒家の玄関先にある)。

山田さんを朝から待ち伏せして、畑を案内してもらった。←

続きを読む

卵パックで即席「育苗箱」

にゃあさんの便利アイテム「卵パック」を紹介するよ。

種の発芽までと小さな苗の間を効率よく面倒みれる便利な卵パック。 「育苗箱」とか「セルトレイ」って名前で売られてるけど、お金と保管する場所のコストがかかるから、にゃあは卵パックを使い捨てで使ってるよ。 卵大好きだから、毎週出るしね。

続きを読む

植物について思うこと

にゃあが今育てたいなと思ってる野菜たちも歴史を見てみると、日本に来てから日が浅かったり、できたばっかりの品種だったことを知って驚き。 昔の人は、逆に何を食べてたんだろうって知りたくなるくらい。どんどん知りたいことが広がっていくかんじ。

その植物の原産地を知ると、適切な環境も現代まで受け継いでいるという点も興味深い。

今、当たり前だと思って食べてる美味しいものが食べれるこの時代に生まれて幸せだなぁと思う。

続きを読む