エダマメってなんぞや?

マメ目マメ科ダイズ属の植物。

枝豆は、大豆の未成熟な豆のこと。 大豆の原産地は中国南西部の雲南省とする説が有力とされている。 温暖・多湿な土地を好む。

完熟前の枝豆には野菜と同じくらいのビタミン類が多く含まれているから、植物分類学上「大豆は豆類」で「枝豆は野菜類」らしい。

奈良あるいは平安時代には食されていたのではないかとも言われている。 枝についたままの状態で茹でたものが売られており、当時はその状態で食べ歩いていることからファーストフードのような存在だったらしい。 枝付きのまま売られ、食されていたことにより「枝付き豆」と呼び、それが「枝豆」へと呼び方が変化したとされる。

エダマメは(最高なのは朝)採れたてが絶品で、畑から引っこ抜いたら鍋に直行!もしくは蒸し焼き!がいいらしい。

枝豆は、種を蒔く前に乾燥させた根粒菌をまぶす。 双葉の次の葉っぱ(初生葉)が出てきた頃に根の3/1〜2/3を切ってから定植する。 側根が促され、根粒菌が付きやすくなる。 定植から2〜3週間後、双葉が隠れるくらいに土寄せをする。茎のところにも根が生えて、さらに根粒菌が増える。

にゃあが選んだ品種

選んだポイント ・美味しいらしい。 ・春蒔きと秋蒔きで年に2回作れるようにする。 ・自家採種するから固定種。

湯あがり娘

春蒔き用に選んだ品種。 茶豆特有の芳香を持ち、食味の良さに特に影響するショ糖含量の多い食味抜群の品種らしい。

秘伝

夏蒔き用に選んだ品種。 風味と甘みに富み、食味最高の中晩生種です。

↓参考にした記事↓

枝豆の総合情報サイト えだまめ日和

枝豆「えだまめ」について調べてみた - 草の実堂

雲南省 - Wikipedia

http://takaginouen.com/?cat=93

知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

エダマメ | [野菜]山田式家庭菜園教室 | 調べる | タキイ種苗株式会社

やさい畑2018春 2019夏

サツマイモってなんぞや?

ヒルガオ科サツマイモ属の植物。

サツマイモの原産地はアメリカのメキシコ南部からペルーにかけての地域。

あったかくて水はけのいい痩せた土が好き。 だから、寒いと葉っぱが黄色くなる(そこが収穫時期)、高畝推奨、窒素が多いとツルボケする。

サツマイモの品種は、ホクホク系・しっとり系・ねっとり系と分類されることがあるが、芋の蜜の量を指しているようなので、しっとりはホクホクとねっとりの中間となる。よって、区分が曖昧となっているのでザックリ2分化する。 色付きのものには、紫とオレンジが主にある。

聞いたことあるのと気になった品種。

ホクホク… 高系14号、鳴門金時、 紅赤(川越金時)、紅さつま、ことぶき、紅あずま、紅小町、 愛小町 、太白(戦争時の味)

ねっとり… 安納芋、 安納黄金芋 (皮が白い)、 ふるーつこがね (安納芋の選抜種)、蜜芋 、紅はるか、シルクスイート、クイックスイート 、くりこがね 、 アメリカ (七福)

色付き… パープルスイートロード (甘紫)、ふくむらさき(改良パープル)、 人参芋 、 べにきらら 、 アヤコマチ 、ベルベット

にゃあさんの栽培目的は、自分じゃ買えない美味しいものが食べることなので、

選んだ品種は、

ホクホク系:紅小町

「紅あずま」の兄弟品種で、「高系14号」と「黄金千貫」の交配種。 その甘さゆえ、黒い蜜がたれている物もあるらしい。 焼くと蜜が溢れ出し、しっとりしたとても甘い焼き芋が。干し芋、コロッケやてんぷらも。 ツルワレ病にかかりやすく、細長く曲がりやすいので掘るのが難しいので、作り手が少なく『幻のサツモイモ』とも言われる。

しっとり系:シルクスイート

するり。上品な甘さ。 お菓子や干し芋に。天ぷらもうまい。

しっとり系:紅はるか

九州沖縄農業研究センターによって外観が優れる「九州121号」に皮色や食味が優れる「春こがね」の交配種。(2010年) 蒸し芋にしたときの糖度が高く、安納芋よりも“はるかに甘い”ということから「紅はるか」と名付けられたらしい。 ねっとりしているが、後口はすっきりしていて、上品な甘さらしい。 焼き芋、蒸し芋が特にお奨めです。

ねっとり系:フルーツこがね

SANYO植物バイオ研究所が販売している芋。 種子島の安納芋系で最も甘味のある系統を選抜育成したものらしい。 糖度が19.87度にもなると言われている。

↓参考にした記事↓

さつまいもってどこから来たの?さつまいもの歴史と食文化 | おいも美腸研究所

ジャガイモってなんぞや?

ジャガイモってなんぞや?

ナス科ナス属の多年草の植物。 ジャガイモは南米アンデス中南部のペルー南部に位置するチチカカ湖畔が発祥とされる。 中央アンデス高地の海抜4,000m近くで森林限界を超え、長い乾期がある。(低温・乾燥) 穀物のようなエネルギー供給源としての性格と食物繊維やカリウム、ビタミン類、色素類を含み野菜のような性格の両面を持つため「大地のリンゴ」と呼ばれる。

冷涼な気候5が適しており、生育温度は10~23℃(生育適温20℃前後)。25℃以上で 降水量300~500㎜の雨量が少ない環境。開花期頃の日気温差が大きい。 5月に低温・少雨で6〜7月に少照・低温だと豊作になる。

硬く痩せた土地にも強い。 18世紀半ばのアイルランドでは、旅行者に「ここでは1年のうち10カ月はジャガイモとミルクだけで過ごし、残りの2カ月はジャガイモと塩だけ食べている」と記録されるほどジャガイモ好きで、1845年にジャガイモの疫病が流行ったとき大飢饉が起こり、100万人が失われ、150万人が移住したらしい。

ジャガイモのいもの部分は茎が肥大化した機関であり塊茎(tuber)と呼ばれ、貯蔵器官として多量のデンプンを蓄えている。 ジャガイモの地下茎は水分と栄養が豊富なため、病原菌が繁殖しやすく、保存状態の悪い種芋や、収穫から漏れて地中へ残された芋は病害の原因となる。

植え付けから出芽まで積算温度約300℃

春植えと秋植えが可能だが、ジャガイモには休眠期間があり、品種によっては春に作った芋が秋に植えれないものもある。

長崎に来た外国人乗組員の食料として積まれていたものが偶然上陸したらしく、いつ入ってきたのかははっきりしていないらしい。 名前の由来は、「ジャカルタから来たいも=じゃがたらいも」がなまって「ジャガイモ」になったらしい。

スーパーで買えない品種を育てたい

選んだ品種

グランド ペチカ

2000(平成12)に品種登録。 レッドムーンの変異株。 皮の色が赤い地色に赤褐色の斑がある、出願時の名称は「デストロイア」。 煮崩れが少なく食味が良い。 でん粉価は低く、ベイク、フライには適さない。 水分過多の環境ではいもの腐敗が出やすく、水はけ良好な条件での栽培が望ましい。 加熱するとホクホクする粉質が多い肉質でサツマイモとジャガイモの間の味がするらしい。 香りも良く美味しいじゃが芋。

インカのひとみ

2006(平成18)に品種登録。 原産地のアンデスで、晴れのお祭りにしか食べられなかった高級ジャガイモ「ソラナムフレファ」種を日本向けに改良したじゃがいもが「インカのめざめ」。 食味は極めて良く、ナッツフレーバーを有する。 栗とサツマイモみたいらしい。

そのインカのめざめの選抜品種。 皮がピンクとベージュ。味はインカのめざめと似てる(より甘い?)。 中早生。 疫病、Yモザイク病に弱い。そうか病および塊茎腐敗には中程度の抵抗性を有する。

煮崩れが少ないチップスやフライ適性がある。 〇ポテトチップス 〇フライドポテト・ハッシュドポテト 〇和・洋菓子素材(低温貯蔵でショ糖が増える。)

インカルージュ

同じくインカのめざめの選抜品種。 インカのひとみより赤い、甘い。極良食味。 もはやサツマイモって感じらしい。 だったらサツマイモを食べればいいじゃないとも思う。 一度食べてから考えよう。

こがね丸

「ホッカイコガネ」並みのフレンチフライ用ジャガイモ。 打撲黒変しやすい。 粉質で調理時の香りや食味が優れる。 すりおろしても褐変しない。芋くささが出ない。煮崩れしにくいから煮物も良い。 〇クレープ・パンケーキ

はるか

品種名は「皮が白く、目の周りが赤い外観から北海道の雪解けの春(春の香り)をイメージ」したらしい。 多収良食味で加工適性も優れたジャガイモシトラスセンチュウ抵抗性生食用品種。 青枯れ病にも強くやや強の抵抗性を持つ。 〇粉ふき・コロッケ・マッシュ・ポテトサラダ・ベークドポテト 〇サラダ 〇炒め物・酢の物 〇和・洋菓子素材

ジャガイモ - Wikipedia 山本紀夫『ジャガイモとインカ帝国 : 文明を生んだ植物』東京大学出版会、2004年。

ジャガイモ 「どこからきたの?」:農林水産省

ジャガイモの休眠期間と保存性 - 畑・野菜の記録 ジャガイモ事典 財団法人いも類振興会 2012/3/8

インカのめざめ

ダイコンってなんぞや?

大根は英語でラディッシュだよ

原産地は地中海地方や中東らしい。 最初に栽培されたのは古代エジプトらしい。 …ということで、砂地が適地の野菜。 「布引ダイコン」という砂地で育てている和歌山の大根がある。

ラディッシュの語源は「根」を意味するラテン語radix(ラディクス)」。

続きを読む

土づくりについての考察

土について考えたにゃあ。

にゃあの土についての考えをツラツラ書いていこうと思う。

有機栽培や慣行栽培(化学肥料を使った栽培)で育てた野菜は腐って、自然栽培で育てる野菜は腐らずに枯れるという主張が目についた。 (腐らずに発酵する、とも。腐敗と発酵の違いはヒトからみた、有害か無害かの違いなので、現象は同じなんじゃないかと思うのだが。) (有機JASの人が反発してて面白かった。)

元々は、自然農法を推してるYouTuberの動画で見たのだけれど。

腐らない理由は、細胞壁の強さにあるらしい。だから、収穫後、鮮度が長持ちするということらしい。

また、肥料を与えるから根っこが自分で栄養素を採りにいかなくなって個体が弱くなるという話らしい。

確かに、甘やかして弱い野菜になるというのはイメージしやすいかもしれない。 だが、強い野菜は美味しい野菜なのだろうか?

続きを読む

ニンジンってなんぞや?

ニンジンの英名carrotは栄養素カロテンに由来する。 原産地はアフガニスタン。(ヒンドゥークシュ山脈砂地っぽい水はけが良くて障害物のない(未分解の腐葉土とか)ところが適正地。 そのため、高畝(20㎝)で育てることが好ましい。

最近の流行「甘い野菜」にするには、夏蒔きにして12月~1月の寒さに当てて収穫するのがいいみたい。 甘くするために海塩水を使った栽培を行ってる農家もあるらしい。 にゃあは、海藻を入れたぼかし肥料を使おうと思ってるけど…障害物になるか…。考えよう。

続きを読む