あじめコショウのフライドチキン

f:id:nyasan-harvest:20191122095724j:plain
ニャンタッキーフライドチキン
キムチの食べ残った汁に半日漬け込んで、小麦粉・片栗粉(1:1)にあじめコショウとコンソメ(小さじ1)の衣で揚げた。
あじめコショウは癖が無いらしい。うまみ甘味は特段感じられない。辛さは強い。

草と米ぬかで腐葉土づくり

タダで畑をやりたい!

タダより高いものは無いってね。

にゃあは、家をこれから建てるん。
畑にする場所に買った土や肥料を入れる人もいるみたいだけど…
「めちゃ金かかるやん。却下。」
何年も畑を使ってれば土なんてできるだろう。

そしてにゃあさんは、作戦をねった。

nyasan-harvest.hatenablog.com

その中の一つ、腐葉土の制作。
米ぬかを無料配布してくれるお店が近くにあったので、生えてる草を刈って混ぜ込んだ。

f:id:nyasan-harvest:20191122094018j:plain
米ぬかを蒔いて、踏み固めてを繰り返してできた山
穴を掘って埋めたり、雨除けにビニールシートを張ってあったりしてたのを見てたけど、にゃあさんは、そのままにしてた。

そして、風に吹かれて道路に飛んでった。←
入居前からご近所に迷惑をかけるという事件に発展…。

f:id:nyasan-harvest:20191122094359j:plain
ゴミと区別がつかないから、厳重に注意書き。
黒い袋に入れてまとめました。
雨よけと、光を吸収してあったかくなる(発酵が進む)かなぁと思って。

ゴミ袋に移すとき、草がすでにあったかった。

半年くらい置いておくと腐葉土になってるらしい。 家の引き渡しがちょうど半年後の予定だから、それまでほっておこう。

土について

培養土を自分で配合するなら 赤玉土(小粒)7:腐葉土3+ぼかし肥料 元肥は、ゆっくり効かせたい(1~3カ月)ので有機肥料が適当な気がする。 腐葉土は、落ち葉と米ぬかをサンドしておけばできる。 ぼかし肥料も 米ぬか(1袋) 14kg:油かす 5kg:貝化石(牡蠣殻石灰)など 4kg:水 7.0ℓ(発酵促進剤0.3㎏) で、できるらしい。買ってきても良い。

米ぬかは貰えるらしいからな。腐葉土は作りたい。 追肥の肥料は化成でもいい気がする。臭いの嫌だし。

固形のものはゆっくり(1~2カ月)、液肥はすぐ(1・2週間)効く。 中量要素・微量要素が入っているものを選ぶ。

肥料やけ注意。

肥料について

初めて知ることがたくさんあるって素晴らしい。 記録しておこう。

こんにちわ、にゃあさんです。

  • 三要素
    • N ─ 窒素(nitrogenous)
    • P ─ 燐酸(phosphate)
    • K ─ カリウム(kalium)
  • 肥料の与え方
    • 元肥(もとごえ)
    • 追肥(ついひ)
    • 実肥え
    • 寒肥
    • お礼肥え
続きを読む

いちごってなんぞや?

AKBとかアイドル戦国時代って騒がれてた頃、いちご界では「品種の戦国時代」って言われてたんだって。(知らなかったけど。)

思ってたよりいちごの歴史って浅いんだね

720年(奈良時代) 日本書紀に最古の記述「イチビコ」(果実の特徴から?)が登場。
江戸後期 オランダ人によってヨーロッパから渡来。
1898年「福羽」日本初のイチゴ品種(福羽逸人さん)
1978 麗紅
1982 女峰
1990 章姫
1992 あかねっ娘
1994 とちおとめ
1999 紅ほっぺ
2000 ふさのか
2005 もういっこ 福岡S6号(あまおう)
2006 和田初こい(初恋の香り/白イチゴ)
2008 かおり野 まりひめ おおきみ
2010 桃薫 おいCベリー
2011 淡雪 雪うさぎ
2014 よつぼし
2015 きらぴ香 真紅の美鈴
2016 恋みのり

聞いたことのある品種が、にゃあの生まれた後に作られたものだったってことに衝撃。

続きを読む

いちごの品種

もう、頭の中はイチゴのことでいっぱいいっぱい。

  • もういっこ
  • おおきみ
  • アイベリー
  • とちおとめ 
  • 女峰 
  • ふさのか
  • 紅ほっぺ
  • おいCベリー
  • 桃薫 
  • よつぼし
  • あかねっ娘
続きを読む